FXエントリーポイントのはどう探せばよいか

sfd99o エントリータイミングとFXとバイナリーオプションの意味を考えてみましょう。エントリーを失敗するとその直後に急に値動きが発生したりして、タイミングを誤ったことで利益を逃してしまう場合もあります。

そうならないように、テクニカル分析等を行い、損切りをしっかりと行なうことで利益を上げ、エントリーするタイミングを見極めていくことが重要と言えます。

なお、テクニカル分析を行なったとしても損をする可能性はあるのですが、それでも分析をしないと損をするばかりですので、トレードを何度も行い、自分でテクニカル分析の方法を学び、テクニックを磨いていくことで、損をしない取引方法を構築していくことは可能です。テクニカル分析能力を上げていくことで、トレーダーとしても成長できますし、回数を重ねることでだんだんと勝てていくでしょう。

テクニカル分析を使ったエントリーポイントは探すのが大変ファジーですので、なかなかこれといったピンポイントなエントリーポイントがないのですが、ひとつのポイントとしては、「何かを突破した時」、「そして跳ね返った場合」にエントリーをすることがひとつの指標にはなります。跳ね返るというのは、以下に挙げるテクニカル分析ツールを使った場合の順張りで使います。トレードラッシュの口座では、テクニカル分析ができるツールや予想出来るツールを利用出来ます。業者を選ぶ時はトレードラッシュのようにツールが寿実している所を選ぶ事をお勧めします。

・移動平均線
・トレンドライン
・ボリジャーバンド
・一目均衡表の雲

「何かを突破した場合」というのは、以下の場合を逆張りとして突破したケースです。

・トレンドラインのサポート、レジスタンス
・移動平均線
・一目均衡表の雲
・直近の安値、高値

を逆張りとして突破した場合になります。

エントリーポイントは必ずしも順張り、逆張りを決めつける必要はありません。難しいので、自分のトレードスタイルで取引を行っていく必要があります。短期取引を行なうデイトレーダーの場合であれば、15分足で分析を行い、その後は1時間足、4時間足でポイントを探していき、損切りをして損をできるだけしないという方法が最も良いトレード方法だと思われます。

この3つの時間帯でエントリーポイントを探していくことが、後々、勝ちにつながっていくことでしょう。「15分、1時間、4時間」をワンセットと考えることが勝ちへの第一歩であると言えます。もちろん、チャートが充実している業者を最優先に選ぶことが最も大切です。