一目均衡表の見方・使用方法

sfd99s 海外FXはハイレバレッジを利用出来るということからも人気が出ていますが、業者を利用する前に、様々なツールの知識をつけてから取引に挑みましょう。今日は一目均衡表の見方・使用方法をご説明します。

まず最初に、一目均衡表を使用する際に、確認するべきポイントは 「基準線」「転換線」「遅行線」「雲」の4パターンがあり、 反対に言えばこの4パターンのポイント理解すれば一目均衡表をマスターすることが出来るでしょう。

私の場合は「基準線」「転換線」は見ていないので、詳細は省略させて頂きます。

「雲」の場合はまず、雲の厚さを見てください。厚ければ厚いほどそこを抜けて行くのが困難になり、ここで戻ってしまった場合、利確するおおよその目安になるでしょう。次にネジレが発生する場所の有無です。ネジレが発生している際にはそこで動きが急に変化する場合があり、 またかなり抜けやすくなりやすいポイントでもあるのです。 また雲の場所から著しく乖離している時も戻る確立が非常に高いので気を付けてください。

おすすめサイト: ハイローオプション.com

「遅行線」を見る場合には、色々な見方が発生してくると思いますが、 私の場合、遅行線がローソク足を抜けた場合にエントリーするようにしています。遅行線が1時間足等で綺麗に抜けた場合は、そのままおかに動く確立が高いからです。 反対に遅行線が戻ってきてローソク足を抜いた場合は利確のポイントにもなるでしょう。

総合的に総会すると、一目均衡表を使用する場合にはまず、雲の位置をよく把握し、雲の厚さを確認します。その後ネジレをチェックし、遅行線の方向を見ます。 エントリーポイントは雲を綺麗に抜けたポイントと厚い雲に突入した場合、 遅行線がローソク足を抜いた場合だと記憶しておいてください。

確実な根拠や推察無しには、逆張りは勝負に負けやすいと考えて欲しいです。 ただ、大幅な変動後の逆張りは一瞬で100pips程も戻すケースもある為、これで勝つと逆張りに依存しやすくなります。皆さんも絶対に気を付けるようにしましょう。FX取引初心者の方は、自分で勉強しておくことも大切ですが、やはり利用する業者のサポートも利用することをお勧めします。24オプションという業者では、 専門家が対応してくれるので心強いと思います。デモの24オプションの口座も利用できるので、是非お試し下さい。