移動平均線は必須のテクニカル分析ツール

sfd99fisd 移動平均線(MA)というのは、FX取引を行なっている方にとって必須のテクニカル分析ツールだと言えます。バイナリーオプション攻略のブログでは必ずと言っていい程この移動平均線についてのトピックが出て来ます。テクニカル分析を行わない方は移動平均線は必要ないとお考えになるかもしれませんが、初心者の場合、この移動平均線の知識すら知らずにFX、で勝っていこうと考えていくのは無謀です。基本的な知識を得ずにFXを行って勝てるほど甘くはありません。

一定期間の値の平均値のことを移動平均線と言います。この線は常に変動します。動きの激しさは長期がゆるく、短期は激しい動きになります。移動平均線として一般的に使われているのは以下になります。トレードスタイル、分析方法などによっても平均線は変動します。

・200MA
・100MA
・90MA
・75MA
・45MA
・30MA
・25MA
・20MA

FX取引をしていくときに移動平均線を見ていかなければ勝つのは難しいでしょう。取引のために最適なテクニカル分析チャートがこの移動平均線なので、長期の場合には動きがゆるやかになり、短期の場合には動きが激しくなるため、見ながら相場を判断する指標になります。長期の移動平均線がもし下向きなら長期的な相場の値動きは下降へ向かっていると判断できます。そして短期の平均線が上向きの場合、短期の値動きは上昇傾向にあるということがわかります。

移動平均線は相場の値動きが転換しやすいポイントでもあり、サポートやレジスタンスにもなりにくいです。なぜなら移動平均線はFX取引をする方が大勢注目する基本的なテクニカル分析ツールであり、動き方次第で決済などを行なう方が大勢いるからです。

移動平均線は1分足と1日足では動きがまったく違ってきます。動きが激しくなった後、急激に静かな動きになった場合、違う時間足で移動平均線に触れている可能性が多いです。移動平均線は長期、短期周期で変わってくるため、FX、取引をする場合には複数の時間足を見ながら取引することが損切りへの第一歩と言えるでしょう。

初心者の場合は複数の時間足を見ながら取引をしていくことはかなり難しいことですが、移動平均線の動きを見ずに取引はできませんので、最初のうちはわからないながらも、複数の時間足を見たりすることで徐々に勉強になっていきます。FXにテクニカル分析が欠かせないということが分かって頂けたと思います。そうなると当然のことながら、取り引きツールが豊富な業者を選ぶ事も重要になってきます。 ブログ、ポータルサイト、口コミでFX比較をする際は、ツールの豊富さという点もしっかりチェックしましょう。