バイナリーオプションによる「両建て」手法

 バイナリーオプションは様々なものの相場を取扱い、そのレート変動を銘柄にしていますが、最もよく見かける銘柄は、外国為替市場で売買が行われている世界中の国や地域から発行されている通貨になります。

為替相場では二種類の通貨を一組で売買しているために、この通貨の組み合わせの事を通貨ペアと呼んでおり、この二つの通貨の間の価値の変動が為替レートになっています。

バイナリーオプションで多い取引ルールは、ハイ&ローオプションと呼ばれるもので、これは例えば「現在1ドル100円の為替相場が、2時間後に1ドル120円よりも高くなっているか、低くなっているか」を予測するもので、この予測に資金を投資し、予測が当たれば配当金を受け取れて利益になり、外れれば投資金を失って損失になります。

こうした取引ルールで投資を行っていくのですが、この時に高くなっている、と低くなっている、の両方に投資を行う事を「両建て」といいます。

FX取引などでは通貨ペアの両方を保持しておくことで常に損失と利益をコントロールすることができ、有効な手段とされていますが、バイナリーオプションでは、投資資金と配当金を比べると配当金の方が金額が小さくなっているために、全く同じ資金を両建てしていくと、結果的に資産を失うことになります。

また、無作為に両建てを行えば、結局は投資額が増えるだけでありしかもその片方は必ず損失になる形になりますので、少し工夫が必要になります。
取引きに対して予測を立てたら、その予測とは反対の方向にも投資を行うのですが、この投資は最大でも配当金で出る利益を超えない金額にしておくのです。

これにより、予測が外れた場合には小さく投資した両建ての片方の利益によって損失が小さくなりますし、予測が当たった場合にも、小さく投資した方の損失が利益の邪魔をしなくなるのです。