トレンドラインの引き方と使い方

 投資をするうえで、なくてはならない「チャート」。
とりわけ相場の「トレンド」を読み解くのにチャートは欠かせませんね。

ここでは、そんなチャートの使い方をご紹介!
チャートを使ってトレンドを掴む際に知っておきたい「トレンドライン」について簡単に説明していきたいと思います。

相場は、常に細かな上下動を繰り返しているため、チャートをパッと見ただけでは方向感がハッキリ掴めないことも少なくありません。

そんな時に活用したいのが、チャートを一気に見やすくしてくれる補助線「トレンドライン」です!

まず、チャートの“最安値”を2点以上選んで線で結んでみましょう。
この(相場の波の下側を結んだ)線が斜め上に切り上がっていたら、相場が上昇トレンドにある証! この右肩上がりのラインは「上昇トレンドライン」と呼ばれ、傾きが大きいほどトレンドは強いと判断できます。

また下降トレンドは、ローソク足の最高値を2点以上選んで結んだ右肩下がりの「下降トレンドライン」で確認することが可能です。

なお、相場がトレンドにある間は、相場の安値同士を結んだ線が相場の下支えラインとなることから、これを「サポートライン/支持線」と呼び、一方、高値同士を結んだ線が相場の上値ラインとなりやすいことから、これを「レジスタンスライン/抵抗線」と呼びます。

上記の通りトレンドラインは、2点以上を結ぶだけですぐに引けるシンプルなものです。
ですが、そのシンプルな線からは、相場トレンドの向きや強さ、相場の波幅の予想を立てるうえでのヒント、さらにはトレンド転換の予兆など、様々な情報を得ることができて便利!

トレンドラインを引いて相場チェックをすれば、トレンド変換にいち早く気づき、相場が逆方向に舵を切る前に、しっかり手を打てるようにもなります(*トレンドに乗っている間の相場は、トレンドラインに沿った動きをする傾向が強いため、相場がラインを突き抜けたときにはトレンド転換の可能性が高いとみることができるのです)。

ぜひ、チャートを見るときには積極的に「トレンドライン」を活用していきましょう。


【トレンドラインの精度を上げるには?】

トレンドラインは、最安値・最高値をそれぞれ2点以上結ぶだけでカンタンに引くことが可能。

しかし簡単とはいえ、トレンドラインを引くのには“一種のセンス”が求められます。

というのも、トレンドラインは、どういった期間で区切るのか、いくつの安値・高値を結んで線にするのかの判断により幾通りにも引くことができ、引き方次第で線の向き・傾き加減は変わり、それに伴い精度も変わってくるためです。

よって、トレンドラインを上手く投資に役立てるには、まず自分の取引スタイルに合ったトレンドラインを上手く引けるようになる必要があります。

そのため、ぜひ日頃からチャートにトレンドラインを引く癖をつけ、相場傾向の見極めに有効に使える(うまく機能する)トレンドラインの引き方を練習して下さい。

自分にあったトレンドラインの引き方は、繰返しトレンドラインを引き「自ら引いたライン(トレンド予想)」と「その後の実際の相場動向」を見比べていくなかで、自ずと掴めてくるでしょう(なお一般的に、より相場の動きを反映した制度の高いラインを引くには、通過する値を増やしたほうが良いとされています)。